沖縄本島 中部, 洞窟・ガマ

恩納村の穴場 指定文化財 ウドゥイガマ

アポガマ (ウドゥイガマ)

おすすめ度 ★★★★

恩納村には数多くの洞穴(ガマ)がある。
恩納村の観光名所の万座毛の駐車場から脇道を進むとあまり知られていない、恩納村指定文化財のウドゥイガマという洞穴がある。
ここの洞穴(ガマ)は昔、若い男女が約束(アポ)をして会っていたことからアポガマとも呼ばれるている。

洞穴へは数段の階段を降りていくが、足元は滑りやすいので注意が必要。
洞穴のなかは夏場でも涼しく、のんびり休憩できる。
休憩しているとタイムスリップしたような気分を味わえる。
人も少ない、隠れた秘境ポイント。

アポガマ (ウドゥイガマ)

洞穴を抜けると、海がひろがる。
ダイビングポイントでもあり、海のなかは多数の穴があいている幻想的なポイント。

又、万座毛に近くには万座ドリームホール・夢とロマンの水中洞窟があります。

撮影地 恩納村指定文化財 ウドゥイガマ

株式会社 ワールドダイビング空 良太郎
北海道小樽市生まれの札幌育ち、24歳の時にはじめて沖縄に移住。沖縄の中心地、那覇に住みはじめ、スキューバダイビングと出会う。その後、ダイビングの魅力に惹かれ、ダイビングインストラクターになり、水中ガイドとしてサイパンのM.O.C DIVE CENTER、タイのサムイダイビングサービスで活動する。

沖縄本島中部の恩納村で株式会社ワールドダイビングを設立。水中撮影のテクニックや撮影方法のご案内もしております。

現在は沖縄移住トータル年数、約15年以上。
写真撮影をしながら、のんびり沖縄を楽しんでます。