カフェ・喫茶, 沖縄本島 中部

話題の外人住宅を改装した海が見えるカフェ

IMG_4198

おすすめ度 ★★★★★

沖縄本島うるま市の東海岸に話題の外人住宅を改装した海が見えるスープソン・ビーチサイド・カフェ(SOUPCON beach side cafe)がある。国道329号線をうるま市石川方面に進み、曙2丁目の信号を東海岸側に曲がり、車で5分ほど。

70年代のアメリカ製家具を取り揃え、内装はカリフォルニアのビーチライフをイメージしている。 海を望むガーデンスペースにはウッドデッキを設置し、海を見ながら食事が楽しめる。

ランチは「 最高に美味しいスープ 」がメインのスペシャルスープランチに始まり、ライスボールランチ、グリルサンドイッチランチ。写真のドリンクは人気のカフェラテで蓋を閉めてシェイクするのがおもしろい。ディナーはお酒に合うメニューを中心に時間をかけて煮込んだ自慢のチキンスープなども人気。お箸で簡単にほぐせる程やわらかく、オススメの一品。

IMG_4192

SOUPCON BEACH SIDE CAFE

〒904-1107
住所 沖縄県うるま市石川曙 1-6-38
TEL 098 (964) 3864
営業時間 火―日 12:00-22:00(L.O.)
定休日 月曜日、第1第3火曜日
URL http://www.soupcon-beach.com/

撮影地 うるま市石川

株式会社 ワールドダイビング空 良太郎
北海道小樽市生まれの札幌育ち、24歳の時にはじめて沖縄に移住。沖縄の中心地、那覇に住みはじめ、スキューバダイビングと出会う。その後、ダイビングの魅力に惹かれ、ダイビングインストラクターになり、水中ガイドとしてサイパンのM.O.C DIVE CENTER、タイのサムイダイビングサービスで活動する。

沖縄本島中部の恩納村で株式会社ワールドダイビングを設立。水中撮影のテクニックや撮影方法のご案内もしております。

現在は沖縄移住トータル年数、約15年以上。
写真撮影をしながら、のんびり沖縄を楽しんでます。