浜比嘉島

浜比嘉島 地頭代火の神

浜比嘉島 地頭代火の神

おすすめ度 ★★★★

地頭代火の神(じとうでーひぬかん)は、浜比嘉島のほぼ中心に位置する浜中学校、浜の公民館敷地内に、コンクリート製の小祠があり、その中に火の神の依代として三個の霊石を祀った拝所。

浜比嘉島 地頭代火の神

琉球王府時代、浜には地頭代のおえか地(役地)があり、地頭代になるには先ず浜地頭を務めなければならなかったという。
「地頭代火の神」が奉安されたのはこの為とされ、貴重な歴史・民族文化財である。
なお現在の小祠には、「琉球国由来記」に記される「殿(とぅん)」(浜里主所)と合祠されている。
今でも立身出世の神として、進学、旅立ちに際し祈願する習わしになっている。

撮影地 沖縄 浜比嘉島

株式会社 ワールドダイビング空 良太郎
北海道小樽市生まれの札幌育ち、24歳の時にはじめて沖縄に移住。沖縄の中心地、那覇に住みはじめ、スキューバダイビングと出会う。その後、ダイビングの魅力に惹かれ、ダイビングインストラクターになり、水中ガイドとしてサイパンのM.O.C DIVE CENTER、タイのサムイダイビングサービスで活動する。

沖縄本島中部の恩納村で株式会社ワールドダイビングを設立。水中撮影のテクニックや撮影方法のご案内もしております。

現在は沖縄移住トータル年数、約15年以上。
写真撮影をしながら、のんびり沖縄を楽しんでます。