浜比嘉島

浜比嘉島の東の御嶽 シヌグ堂

東の御嶽 シヌグ堂

おすすめ度 ★★★★

東の御嶽(シヌグ堂) へは海中道路(県道10号)を進み浜比嘉大橋北詰を右折、県道238号(浜比嘉大橋)を進み浜比嘉漁港を右折。

この御嶽は、旧暦の6月28日と8月28日の2回、「シヌグ祭り」が行われることから、シヌグ堂とも呼ばれている。
シヌグ祭りは昔、戦に敗れた南山の「平良忠臣」とその一味7~8人が浜に渡って、シヌグ堂に身を隠し、住民に頼んで島の周囲を警戒させて難を凌いだという故事から始まっている。
海に生きる島で、その生業の妨げとなる時化を祈願するのは不思議であるが、他の地方ではみられない行事。

東の御嶽 シヌグ堂

周辺にはガジュマルの大木が生い茂り、神秘的な雰囲気を醸し出している。

撮影地 沖縄 浜比嘉島

株式会社 ワールドダイビング空 良太郎
北海道小樽市生まれの札幌育ち、24歳の時にはじめて沖縄に移住。沖縄の中心地、那覇に住みはじめ、スキューバダイビングと出会う。その後、ダイビングの魅力に惹かれ、ダイビングインストラクターになり、水中ガイドとしてサイパンのM.O.C DIVE CENTER、タイのサムイダイビングサービスで活動する。

沖縄本島中部の恩納村で株式会社ワールドダイビングを設立。水中撮影のテクニックや撮影方法のご案内もしております。

現在は沖縄移住トータル年数、約15年以上。
写真撮影をしながら、のんびり沖縄を楽しんでます。