ダイビング, 沖縄本島 中部

初心者向けのダイビングスポット 北谷の砂辺NO1

砂辺NO1

おすすめ度 ★★★★

沖縄本島の中部、北谷町の砂辺海岸。

ダイビングポイントとして最もダイバーの集まる、砂辺NO1。
浜屋そばから突き当たりを南側に曲がる。

階段を降りてビーチからエントリーできる。
体験ダイビング、ライセンス講習などの初心者のため、チェーンに捕まって沖まで進むことができる。

海のなかではロクセンスズメダイやクロスズメダイ、オヤビッチャなどのスズメダイ達が出迎えてくれる。
クマノミの仲間も多く、クマノミ、ハマクマノミ、ニモのモデルになっているカクレクマノミなどが見られる。

中層ではグルクマの群れなども見れ、ソフトコーラルの群生も見応えがある。
砂地まで沖へ進むと、ハゼなども多く見られる。

コブシメ

写真は砂辺NO1で撮影したコブシメ。コウイカ類では最大の種で50センチほど。

撮影地 沖縄本島 砂辺NO1

株式会社 ワールドダイビング空 良太郎
北海道小樽市生まれの札幌育ち、24歳の時にはじめて沖縄に移住。沖縄の中心地、那覇に住みはじめ、スキューバダイビングと出会う。その後、ダイビングの魅力に惹かれ、ダイビングインストラクターになり、水中ガイドとしてサイパンのM.O.C DIVE CENTER、タイのサムイダイビングサービスで活動する。

沖縄本島中部の恩納村で株式会社ワールドダイビングを設立。水中撮影のテクニックや撮影方法のご案内もしております。

現在は沖縄移住トータル年数、約15年以上。
写真撮影をしながら、のんびり沖縄を楽しんでます。